adpoly カート

  • 最大5,000円イベント! 会員登録クーポン1,000円+写真レビュークーポン2,100円+初回注文クーポン1,250円+送料無料最大600円
  • 送料無料イベント! 全品全国送料無料
ブランク
ビニール袋とは?!!! ビニール袋は薄くて柔らかいビニールで作られた袋に、食べ物や本などの軽い商品を簡単に梱包して運搬するのに使う。他の容器とは異なり、重量が軽く、価格も安く、紙や布で作られた袋と違って水気があっても濡れたり漏れず、封をすると臭いも出ないので広く使われる。
歴史! 1977年に米国で初めてビニール袋を作られたのは、サンドイッチを入れるためだった。最初は非常に衛生的で、紙袋のように木を使わず環境に優しい製品として考えられた。
用語! 英語圏では、プラスチックフィルムで作ったという意味で、プラスチックバッグ(plastic bag)、ポリ袋(poly bag)と言われています。特徴! 材料はHDPE、LDPE、LLDPEなど、さまざまな種類のプラスチックフィルムを使用するが、通常LDPEを多く使う。ビニール袋は、ボックス、紙コップ、ビンなどに比べて商品の包装後の総体積を内容物のサイズに減らすことができる長所があるが、ビニールの性質上、自然な状態で分解が難しくゴミ埋立地の安定化に困難が多いので、ゴミ埋立地の確保が難しい国では、生分解性材料で作ることをお勧めします。
ビニール袋の印刷方式!!!
1. グラビア印刷(既存の印刷方式)!
構造は大きく3つの部分(版代/原料費/人件費)に区分することができる。版の場合、高価な輸入銅板を印刷色別/製品仕様別と それぞれ版を製作しなければならない。したがってビニール印刷のコスト構造で銅板の費用を占める部分は相当である。また、印刷の過程でVOC(揮発性有機化合物)を40%〜80%含有しているグラビアインキを使用して、版の製作過程(腐食過程)で毒劇物である塩酸やトルエンなどを多量に使用して、環境保護と労働者の健康に多大な支障を与えている。
グラビア印刷(既存の印刷方式)の問題点
1)環境問題
①版製作過程(腐食)毒劇物である塩酸による環境汚染物質の排出
②人体に有害であり汚染源を排出する有機溶剤インクとトルエンを使用
③先進国では、厳しい環境関連施設の規制を受けている。

2)コスト高の問題
①版製作過程に伴う費用を追加(最低10万円以上)
②版の交換に伴う作業時間の増加
③機器の大型化に伴う付帯費用の増加
④厳しい設備規制に伴う工場設立のコスト増加

3)非競争の問題
①デザイン変更時、版を新たに製作必要があること
②多品種少量印刷不可(最低2万枚以上の生産 – 初回印刷の銅板費用負担)版製作工程などで納期の遅れ

2. UV印刷(ADPOLY アドポリ 印刷方式)
当社は、高価な版の代わりに環境に優しいPETや紙製の素材を印刷シリンダーに代替して、グラビアインキの代わりにVOCの発生が全くないUV(紫外線)インクを使用することにより、コストの削減と環境保護と労働者の健康を保護することができるビニール印刷機の開発をしてUV印刷方式を採用している。
①製版コスト100%削減(版無しで印刷可能)
②製版作時に発生する環境汚染物質の排出がない。
③無機溶剤インク使用による環境にやさしい産業であり、人体にも無害である。
④多品種少量生産に適合。(500枚から製作可能)
⑤最短期間内の納品が可能 
⑥作業工程単純化に応じたビニール印刷製作原価の削減 
⑦印刷対象サイズ別に製品(機械)を別途、構成無しでビニール袋サイズ調整が可能である。
⑧ UV乾燥方式を採択して、既存の熱風乾燥方式に比べてエネルギーの効率が優れている。
⑨必要に応じて注文して購入コストの削減。(最小9,800円/ 500枚)
⑩ 印刷機の小型/軽量化を通じた印刷機コスト削減
お問い合わせ
利用案内
見積要請
価格表
サンプル請求
テンプレート
ビニール袋とは
よくある質問